実務実習検討委員会

 
現在、薬剤師になるためには6年生の薬学部を有する大学を卒業しなければなりません。6年間に及ぶ授業の中には、実際の薬局での11週間という薬局実務実習が含まれており、薬学生は個々に振り分けられた薬局の中で認定指導薬剤師の下学んでいきます。
実務実習委員会では、未来の薬剤師となる薬学生が、各薬局で実務実習を円滑かつ有意義に行うことができる環境作りに取り組んでいます。活動内容としては、各薬局の指導薬剤師による話し合いや意見交換、薬局間での調整、勉強会などがあります。また、旭区内の実習生同士の交流会や、実習で学んだ内容について実習生による発表会なども企画しています。
未来の薬剤師を育てることは、大学だけではなく薬剤師会にも大きな使命があります。そのためにも患者様を含め、多くの方々のご理解とご協力が必要不可欠です。
実習生のより良い環境作りのために、実務実習委員会の活動に今後ともご理解いただければ幸いです。


 
 
   
Copyright (C) 2013旭区薬剤師会. All Rights Reserved by yakunet.