リスク委員会

 
近年では、医薬分業の発展、新薬の開発及びジェネリック医薬品の推進などにより、
各薬局で取扱う医薬品数も年々増加傾向にあります。
薬局薬剤師としては調剤ミス・調剤事故のないよう細心の注意が必要とされています。
またその一方で、多重受診や偽造処方箋による抗精神薬の不正入手が多発しており、
それに伴う薬物依存、乱用が社会的にも問題となっています。
リスク委員会では、リスクマネージャーを選任し、定期的に調剤事故防止、
偽造・変造処方せん行使の防止などについて研修会を行っています。
また、処方箋の疑義照会事例やインシデントレポートの収集もリスク委員会の仕事です。
平成19年4月には、薬事法改正により薬局における安全管理体制の整備が義務づけられ、
その内容に関しての会員向け説明会を行いました。
今後も定期的に会員への研修会等を開催し、安全管理に対して啓蒙していきたいと思います。



 
 
   
Copyright (C) 2013旭区薬剤師会. All Rights Reserved by yakunet.